2016年01月30日 15:43   裏庭の珍しいお客さん

クマにゃん

いつも庭の常連さん(野鳥)の写真ばかり載せていたので、今回はここ数ヶ月の間に撮った珍しい
鳥たちの写真を集めました。えー、ちなみに「珍しい」というのは数が少ないという意味じゃなくて、
家の裏庭にはめったに来ないという意味です。

Noisy Friarbird (ズグロハゲミツスイ)
まずは、とても見た目が印象的なズグロハゲミツスイ。首から頭にかけて羽毛がありません。
何となくハゲワシに似てなくもないような風貌、しかもこの名前。可愛いという感じじゃないけど
インパクトは大だね。でも、鳴き声はわりときれいです。

Red-backed fairywrenのメス (セアカオーストラリアムシクイ)

これは最初見た時に何の鳥かわからなかったけど、セアカオーストラリアミツスイのメス
だと思います。いや、多分合ってるはず。というのも、写真を撮った後ですぐ側に赤と黒のオス
がいるのを見たから。メスは特徴がなくてわかりにくいけど、オスを見れば種類がはっきりする。
オスの写真は草の陰になって上手く撮れませんでした。気になる方は下記サイトをご覧下さい。
とっても可愛いです。

Red-backed Fairywren

Willie Wagtail(ヨコフリオウギビタキ )
この鳥は、ヨコフリオウギビタキ。たまに水飲み場にやってきます。

Grey Butcherbird(ハイイロモズガラス)
めったに来ないのに、来るときはなぜかいつも外のライトの上や物干しなど人工物の上にいる
ハイイロモズガラス。なかなかの美声の持ち主です。

Peaceful Dove(オーストラリアチョウショウバト)
目の周りが水色の小さなハトは、オーストラリアチョウショウバト。
神経質でちょっとでも近づくとすぐ逃げちゃう。

Masked lapwing(ズグロトサカゲリ)
この鳥は、近所の道路の上をよくチョコチョコ歩いているのを見かけるけど、めったに家の庭に来ません。
長い足とくちばしの周りの黄色が特徴的なズグロトサカゲリ。

また新しい写真が撮れたらブログで紹介します。

| | カテゴリー 生物

2016年01月22日 11:32   ごねるみったん

クマにゃん

今日は、我家のおねだり上手みったんのお話です。
みったんは、最近すっかり好き嫌いが増えて好きなキャットフードは大好きだけど、嫌いなのは
一口だって食べたくないというくらい嫌う。なんとも贅沢な話だ。

朝ご飯を食べ終わった後のみったん
朝ご飯を食べ終わってもきらいなカリカリだけ残すから、少し時間が経つとお腹がすいてくる。
そこで、Yがいる部屋にいっておねだり開始。

お腹がすいたと訴えるみったん
最初は黙ってYの周りをウロウロしてるけど、効果がないと見るとニャーニャーとアピール開始。

台所でねばるみったん
みったんは痩せてるわけじゃないし、健康体なので大抵は無視されるんだけど、たまに努力の甲斐
あって、おかわりを貰えることがある。

おかわりを食べた後、まだ名残惜しそうにお皿の中を確認するみったん
でも、猫は3匹いるからみったんだけにあげるのも難しくて、結局3匹それぞれに(量は調整するけど)
おかわりを出してもらえるわけだ。他の2匹にとってもラッキーだね。
でも、みったんはおかわりの分を全部食べた後もまだ食べたそうにしている。
他の2匹の猫が食べてたお皿の中もしっかりチェック。
あー、残念だったね。もう空っぽだ。

ほぼ毎日これの繰り返し。みったんの言うとおりに餌を出してたら、きっとみったんはコロンコロンに
太っちゃうだろうなぁ。

| | カテゴリー

2016年01月20日 14:22   ベジパッチ制作中 2

クマにゃん

前回、12月21日の日記の続きです。

制作中のベジパッチ(ガーデンベッド)

現在制作中のこれは、ベジパッチ(木枠で囲った野菜畑)もしくはガーデンベッド(木枠で囲った花壇)
と呼んでもいいのかもしれない。この写真を見るともう完成しているように見えるかもしれないけど、
まだまだ左右に伸びる予定だよ。

制作中のベジパッチ(ガーデンベッド)

一部完成したところに土を入れて、野菜の苗と花を植えてみた。裏庭にはたくさん野鳥が来るので、
鳥があまり好きじゃないピーマンとズッキーニとモロヘイヤの苗を植えてみた。

制作中のベジパッチ(ガーデンベッド)

水道も繋がったので、ホースで水まきが出来るようになった。
今は手で水を撒いているけど、行く行くは前に作ったベジパッチの時と同じようにパイプで水を撒けるようにする。

今、オーストラリアは夏真っ盛り。秋野菜を育てる頃までに完成するといいな。

| | カテゴリー 手作り